MENU
プロ野球視聴ならこれ一択 >スカパー!プロ野球セット

九里亜蓮投手|球速・球種・被打率 2022年

広島のローテーションの一角で2021年には最多勝投手となった九里亜蓮投手の2022年シーズンの球速を可視化してレポートします。

球種別球速・投球比率・被打率

球種最高平均
ストレート148142.3
シュート146141.3
カットボール141134.4
ツーシーム136130.2
チェンジアップ135129.0
スライダー131124.9
シンカー128123.5
カーブ125115.4
フォーク未計測未計測
2022九里亜蓮球種別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

球種:9種類 ※フォークは1球のみ投球で球速未計測。シンカーも2球のみのため実質的には7種。
ツーシームはいわゆる”亜細亜大ツーシーム”でスプリットに近い沈むボール。
シュートは右打者にくい込む横変化のボールで一般的なツーシームのイメージに近い。
投球の主体となるストレートは被打率が低抑えられているが、変化球の被打率が軒並み高い。
特にシュートの被打率が4割を超えている為、優先的に改善が必要。

登板日別平均球速(ストレート)と防御率推移

2022九里亜蓮登板日別球速
タップもしくはクリックにより拡大します
平均球速/登板試合数防御率
142.6km/h未満132.77
142.6km/h以上13   3.97

5月以降、登板日毎の調子の波が大きくなっている。
球速が低い試合のほうが防御率は低い傾向。

イニング別球速(ストレート)

2022九里亜蓮イニング別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

1~2回は平均143㎞/台、3~4回は142㎞/台、5~6回は141㎞/台と徐々に低下する傾向。

コメント

コメントする