MENU
プロ野球視聴ならこれ一択 >スカパー!プロ野球セット

ダルビッシュ有投手|球速・球種割合・被打率・回転数 2022年

ダルビッシュ有投手の2022年シーズンの球速・球種・被打率をレポートします。

球種別球速・投球比率・被打率・回転数

球種最高平均
ストレート158152.8
シンカー157152.5
スプリット150143.6
カットボール150139.3
スライダー144132.5
カーブ128117.0
ダルビッシュ有_球種別球速2022
タップもしくはクリックにより拡大します

球種:6種類(カットボール、スライダー、カーブは球速や変化に多くのバリエーションをつけている)
被打率:ストレート、シンカー、スライダー、スプリットの4球種が被打率2割未満。投球比率の高いストレートは一般的に被打率が高めになる傾向があり、1割台は素晴らしい数字。
カットボールの投球比率が35%と非常に高くファウルや空振りなどカウント球として機能している。一方フィールド内に飛んだ際には安打になる可能性が高く持ち球の中で唯一、被打率が3割を超えている。
回転数(スピンレート):変化球、速球ともにスピンレートは高い。

登板日別球速(ストレート)

タップもしくはクリックにより拡大します

8月まではおおむね平均153~154km/hで推移していたが、9月に入り151km/h台まで低下。
ただしこの時期の投球内容は非常に良かった(9月 防御率1.85 WHIP0.79)ため、意図的に速度を落とした可能性もある。

イニング別球速(ストレート)

ダルビッシュ有イニング別球速

最終イニングとなる確率が高い6~7回に153km/h台と最も速くなっている。
1~5回まで球速の変化が殆どなく安定しており、勝負所でギアチェンジが可能となるようペース配分している。

登板日別球種比率

ダルビッシュ有球種比率2022
タップもしくはクリックにより拡大します

9失点した第2戦終了以降は、カットボール主体の投球を一貫して継続している。

年度別推移

平均球速推移

ダルビッシュ有年度別球速推移
タップもしくはクリックにより拡大します

ストレートの平均球速は最多勝を獲得した2020年に次ぐ2番目の速さを記録するなど36歳となった2022年も衰えは全く認められない。
カーブはいわゆるパワーカーブを減らし、スローカーブが増加した事で5年ぶりに110km/h台となった。
※MLBでは2015年(ダルビッシュはTJ手術により登板なし)にスタットキャストを導入しており、その前後では測定方法が異なっている。

回転数推移

ダルビッシュ有年度別回転数推移
タップもしくはクリックにより拡大します

4シーム(ストレート)の回転数は一貫して2500RPMを超える高い水準をキープしてきたが、2022年は2420RPMに低下した。やや気がかりな傾向と言える。
軸となるカットボール、スライダーの回転数は2700RPMを超える高水準を継続している。

トップページに戻って別の投手の情報を調べる

コメント

コメントする