MENU
プロ野球視聴ならこれ一択 >スカパー!プロ野球セット

大瀬良大地投手|球速・球種・被打率 2022年

広島のローテーションの柱、大瀬良大地投手の2022年シーズンの球速を可視化してレポートします。

球種別球速・投球比率・被打率

球種最高平均
ストレート150144.5
シュート145138.6
カットボール143136.8
フォーク141135.8
チェンジアップ137129.9
スライダー131124.8
カーブ121115.3
2022大瀬良大地球速推移
タップもしくはクリックにより拡大します

球種:7種類
カットボールが主軸のボールで被打率も比較的低く抑えられているが、もう一方の主軸のストレートの被打率が高くなってしまっており防御率悪化の要因となっている。
ボール球で勝負する事が多く一般的に被打率が低い傾向となるフォークの被打率が非常に高いのは重点的に改善が必要。

登板日別平均球速(ストレート)と防御率推移

2022大瀬良大地登板日別球速
タップもしくはクリックにより拡大します
平均球速/登板試合数防御率
144.8km/h未満125.14
144.8km/h以上11   4.09

7月以降、好不調の波が大きくなり防御率が悪化。
平均球速が速いほうが若干防御率は良いが、強い相関は認められない。

イニング別球速(ストレート)

2022大瀬良大地イニング別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

イニングを追う毎に緩やかに低下するが、顕著な変化は認められない。

コメント

コメントする