MENU
プロ野球視聴ならこれ一択 >スカパー!プロ野球セット

床田寛樹投手|球速・球種・被打率 2022年

広島のローテーション左腕、床田寛樹投手の2022年シーズンの球速を可視化してレポートします。

球種別球速・投球比率・被打率

球種最高平均
ストレート152145.3
ツーシーム147137.6
カットボール139136.6
スライダー142135.2
チェンジアップ129121.4
カーブ123116.9
パーム121115.3
2022床田寛樹球種別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

球種:7種類 ※カットボールとチェンジアップは5月以降はほとんど投げていないため実質的には5球種
ストレートは左投手では屈指の球威があり、被打率も低く抑えられている。
ツーシームはスプリットに近い球質で平均約138km/h。平均約115km/hのパームボールとともに2種類の球速帯の落ちるボールを決め球として使い分けている。

登板日別球速(ストレート)

2022床田寛樹登板日別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

今季最終2登板(7月19日、8月3日)ではそれまで145km/h前後だった平均球速が143km/h台前後まで低下していた。8月3日登板時の走塁中に転送し右足骨折で離脱する事になったが、この2登板の球速低下は故障の兆候だったのかもしれない。

イニング別球速(ストレート)

2022床田寛樹イニング別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

2~5回までペースを落とすが、終盤の6~7回に球速が上昇する。8回にMAX152km/hを計測している。

コメント

コメントする