MENU
プロ野球視聴ならこれ一択 >スカパー!プロ野球セット

森下暢仁投手|球速・球種・被打率 2022年

東京五輪でも活躍した広島の主軸、森下暢仁投手の2022年シーズンの投球内容を分析・可視化しました。

詳細投球内容球種別球速・投球比率

球種最高平均
ストレート154148.6
ツーシーム144140.1
カットボール145138.4
チェンジアップ143129.2
カーブ119112.5
タップもしくはクリックにより拡大します

球種:5種類
球速帯:4種類
①ストレート
②ツーシームとカットボール
③チェンジアップ
④カーブ

登板日別球速(ストレート)

タップもしくはクリックにより拡大します

ストレートの平均球速は150km/hを超えた試合もありセ・リーグの先発投手ではトップクラス。
シーズンを通して148km/h前後で安定している。

投球チャート・被打率

タップもしくはクリックにより拡大します
  • ストレート:真ん中付近にボールが集まっており被打率が高い。内外角への丁寧な投球を期待したい。
  • カットボール:左打者の内角中心に制球されており被打率は低めになっている。
  • カーブ:真ん中高めを集中的に打たれており被打率は高い。もう少し低めに集めたい。
  • チェンジアップ:持ち球で被打率が最も低い。タイミングをずらす事が出来ている。
  • ツーシーム:前半戦で打ち込まれその後投球比率が低下。ストライクゾーンでの勝負は危険。

コメント

コメントする