MENU
プロ野球視聴ならこれ一択 >スカパー!プロ野球セット

大野雄大投手|球速・球種・被打率 2022年

中日ドラゴンズのサウスポーエース、大野雄大投手の2022年シーズンの投球内容を分析・可視化しました。

詳細投球内容

球種別球速(全登板)

球種最高平均
ストレート150144.3
ツーシーム142135.5
フォーク142135.0
カットボール142132.8
スライダー133121.2
タップもしくはクリックにより拡大します

球速帯:3種類
①ストレート②ツーシームとカットボールとフォーク③スライダー

ストレート:高めに速球を集めてカウントを稼ぐ
ツーシーム:速めで外角低めに逃げ落ちる
カットボール:速めで内角高めにくい込む
フォーク:速めで低めに落ちるボールで空振りを狙う
スライダー:遅めのボールで緩急をつける
※右打者前提で記述

登板日別球速(ストレート)

タップもしくはクリックにより拡大します

初戦を除き、概ね平均143~145km/hで安定して推移。

投球チャート・被打率

タップもしくはクリックにより拡大します

ストレートは高め中心、フォークとツーシームを低め中心に投球することで高低を幅広く使っている。
ストレートの高め率47%以上は他の投手と比べても非常に高く、フォークの被打率の低さに貢献している。

ツーシームは右打者の外角低め中心、カットボールを右打者の内角高め中心に投げ分ける事で対角線のコンビネーションで勝負している。

特にカットボールとフォークボールの被打率が低い。
スライダーはカーブに近い球速で緩急をつけるボール。高くほとんど投げていない。

コメント

コメントする