MENU
プロ野球視聴ならこれ一択 >スカパー!プロ野球セット

田中将大投手|球速・球種・被打率 2022年

NPBとMLBを股にかけ、長年にわたり球界を代表するピッチャーとして活躍する楽天の田中将大投手の2022年シーズンの投球内容を分析・可視化しました。

詳細投球内容

球種別球速・投球比率

球種最高平均
ストレート154147.2
ツーシーム149145.5
カットボール149142.1
スプリット148140.2
スライダー141134.0
チェンジアップ139132.7
カーブ124119.1
タップもしくはクリックにより拡大します

球種:7種類
球速帯:4種類
①ストレートとツーシーム
②カットボールとスプリット
③スライダーとチェンジアップ
④カーブ

ストレート、スライダー、スプリットが主体の投球になっており約80%を占めている。

登板日別球速(ストレート)

タップもしくはクリックにより拡大します

ストレートの平均球速はシーズンを通して147km/h前後で安定している

投球チャート・被打率

タップもしくはクリックにより拡大します
  • ストレート:右打者の外角主体の配球となっており打たれるゾーンが集中している。
  • スプリット:低めに制球されているがややストライクゾーン率が高く真ん中コースを打たれている
  • スライダー:右打者の外角低めに制球されており被打率も低い。
  • カットボール:真中高さの比率が高くなっており被打率が高い
  • チェンジアップ:高めに浮いたところを痛打されている。6月以降投球比率が低下している。
  • カーブ:緩急をつける球だが高めに浮く事が多く被打率が高い。1試合あたり2~3球程度しか投げていない。
  • ツーシーム:被打率が高い。低めに制球できていない。

年度別推移

球速推移

田中将大年度別球速推移
タップもしくはクリックにより拡大します

ストレート、スプリット、スライダー等の主要球種はMLB移籍直後と比較して2km/h程度低下している。

回転数推移

田中将大年度別回転数推移
タップもしくはクリックにより拡大します

トップページに戻って別の投手の情報を調べる

コメント

コメントする