MENU
プロ野球視聴ならこれ一択 >スカパー!プロ野球セット

小川泰弘投手|球速・球種・被打率 2022年

ヤクルトの主軸として長年活躍する小川泰弘投手の2022年シーズンの投球内容を分析・可視化しました。

詳細投球内容

球種別球速・投球比率

球種最高平均
ストレート148143.6
ツーシーム146142.4
カットボール145140.0
フォーク140132.1
スライダー136130.2
チェンジアップ133117.0
ナックルカーブ123114.9
タップもしくはクリックにより拡大します

球種:7種類
球速帯:3種類
①ストレート、ツーシーム、カットボール
②フォーク、スライダー
③チェンジアップ、ナックルカーブ

登板日別球速(ストレート)

タップもしくはクリックにより拡大します

ストレートの平均球速は143.6km/h、最高で145km/hの試合も多く、セ・リーグの先発投手では軟投派の部類に入る。

投球チャート・被打率

タップもしくはクリックにより拡大します
  • ストレート:内外角へ丁寧に投げているが被打率は高め。球威不足が影響しているか。
  • チェンジアップ:緩急をつけるボールで被打率が低く変化球の中では主軸になっている。
  • フォーク:低めに集めているが被打率が高い。投球フォームなど見極められやすい要因があるか?
  • カットボール:左打者の内角中心の制球が出来ており被打率は低め。
  • スライダー:持ち球で被打率が最も低い。右打者の外角低め中心に制球できている。
  • ナックルカーブ:カウント球で投球比率は少ない。
  • ツーシーム:序盤は多めに投げていたがその後投球比率が低下。被打率は低く抑えられているが。。。

コメント

コメントする