MENU
プロ野球視聴ならこれ一択 >スカパー!プロ野球セット

北山亘基投手|球速・球種・被打率 2022年

新人ながらシーズンを通して日本ハムのブルペンを支えた北山亘基投手の2022年シーズンの球種別の球速・被打率を可視化してレポートします。

球種別球速・投球比率・被打率

球種最速平均
ストレート156150.5
フォーク145138.3
カットボール141136.3
スライダー140133.5
チェンジアップ133131.9
ナックルカーブ125120.6
2022北山亘基球種別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

球種:6種類
※ストレート、フォーク、ナックルカーブの3種で95%以上。  

ストレートの投球比率が69%超と高いが、被打率が.235とやや高い。
被打率の低いナックルカーブやフォークの比率をもう少し高めにするのも一考か。

月別平均球速(ストレート)と防御率推移

2022北山亘基登板月別球速
タップもしくはクリックにより拡大します
平均球速/登板(中央値)試合数防御率
150.3km/h未満276.26
150.3km/h以上281.27

月別では平均150km/h前後で安定しており、球速と防御率の間に相関は認められないが、登板日別では顕著に平均球速が速いほうが防御率が良い傾向がみられた。

ヤクルトとの3連戦など5~6月に打ち込まれる登板が続きシーズン通しての防御率悪化につながった。

イニング別球速(ストレート)

2022北山亘基イニング別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

シーズン序盤はクローザーとして9回を任される登板が多かったが、5~6月の不調後はセットアッパーとしての役割が中心となった。

トップページに戻って別の投手の情報を調べる

コメント

コメントする