MENU
プロ野球視聴ならこれ一択 >スカパー!プロ野球セット

木澤尚文投手|球速・球種・被打率 2022年

ヤクルトの中継ぎとして覚醒した木澤尚文投手の2022年シーズンの球速を可視化してレポートします。

球種別球速・投球比率・被打率

球種最高平均
シュート158151.4
ストレート154151.1
カットボール148141.9
スプリット147141.2
カーブ134128.8
2022木澤尚文球種別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

球種:5種類  

2022年より習得したシュート(ツーシーム)を主軸とした投球でストレートは5月以降は1球も投げていない。
カットボール、スプリットの被打率が2割未満でシュートと対角線となる決め球として大きな武器となっている。

登板月別平均球速(ストレート)と防御率推移

タップもしくはクリックにより拡大します
平均球速/登板(中央値)試合数防御率
152.0km/h未満272.35
152.0km/h以上283.38

登板日別では平均球速が遅い方が防御率が良い傾向。

敗戦処理として登板することが多かった4月は好調だったが、重要な場面で投げることが多くなった5月に打ち込まれる場面が増えた。
しかしながら6月以降は月を追うごとに防御率が改善し最終的に2.82で着地した。

イニング別球速(ストレート)

タップもしくはクリックにより拡大します

中継ぎとして様々な場面・イニングを任されている。

トップページに戻って別の投手の情報を調べる

コメント

コメントする