MENU
プロ野球視聴ならこれ一択 >スカパー!プロ野球セット

東條大樹投手|球速・球種・被打率 2022年

ロッテの中継ぎサイドスロー右腕、東條大樹投手の2022年シーズンの球種別の球速・被打率を可視化してレポートします。

球種別球速・投球比率・被打率

球種比率最速平均
ストレート48.0%150145.9
スライダー42.4%133127.7
シンカー5.3%144137.4
カーブ3.7%123119.8
カットボール0.4%142136.5
シュート0.2%142141.5
2022東條大樹球種別投球情報
タップもしくはクリックにより拡大します

球種:6種類
※カットボールとシュートは合計4球のみのため実質的には4種類

ストレートと決め球のスライダーで全投球の90%を占める。

落ちる球(シンカー)の精度を上げ、更に投球の幅を拡げていきたい。

月別平均球速(ストレート)と防御率推移

2022東條大樹月別球速
タップもしくはクリックにより拡大します
平均球速/登板
(中央値)
試合数防御率
146.0km/h未満282.39
146.0km/h以上301.86

月別の平均球速はシーズンを通して145~146km/h台で安定し、防御率との間に顕著な相関はみとめられない。

登板日別では平均球速が速いほうが防御率がわずかに良い結果となった。

年度別平均球速推移

東條大樹年度別球速推移
タップもしくはクリックにより拡大します

ストレートの平均球速は2021年と比較し大きく(約4km/h)上昇した。

2021年は登板が少なかったこともあるが、球種が3→6に増加している。

トップページに戻って別の投手の情報を調べる

コメント

コメントする