MENU
プロ野球視聴ならこれ一択 >スカパー!プロ野球セット

WHIP |歴代ランキング

WHIPとは
Walks plus Hits per Inning Pitched  の略で1イニングあたり何人の走者を出したかを表す指標。
(被安打数+与四球数)÷ 投球回数で求められる。 ※与死球は含まない
1.2未満であれば一流、1.0未満であれば超一流の投手とされる。

読み方・・・ウィップ

タップで移動する目次

シーズンWHIP 歴代ベスト30

タップもしくはクリックにより拡大します

2シーズン制以降かつ規定投球回数以上におけるシーズンWHIPの歴代ベスト30です。

過去最高は1959年シーズンの村山実投手で0.7483。
村山実投手は4度のシーズンで歴代ベスト20にランクインしており、2,000イニング以上の投手の通算でも0.95でNo.1とNPBの歴史上で最も走者を出さない投手と言えそうです。

現役ではダルビッシュ有投手(6位と7位)山本由伸投手(11位)、菅野智之投手(15位)、大野雄大投手(22位)、田中将大投手(27位)、とそうそうたる顔ぶれがランクインしています。

タップもしくはクリックにより拡大します

各年代別のランクイン回数です。

1950年代から1970年で21回と集中しており、1971年から2006年までは1982年の江川卓投手以外は一人もランクインしていません。飛ぶボールや打撃技術の進化などが影響していると思われますが2000年代後半移行、ダルビッシュ有投手や田中将大投手などのMLBでもエース級として活躍する投手がランクインするようになり、近年WHIPが注目されるようになっています。

年度別 最優秀WHIP

タップもしくはクリックにより拡大します

2リーグ制以降かつ規定投球回数以上における年度別でWHIP 1位となった投手の一覧です。

上原浩治投手とダルビッシュ有投手(5年連続)が最多の5度の1位を達成しています。
稲尾和久投手、村山実投手といったレジェンドに加え郭泰源投手が4度の1位を達成しています。

タップもしくはクリックにより拡大します

通算WHIP 歴代ベスト30 投球回数2000以上

タップもしくはクリックにより拡大します

投球回数2000以上の投手の通算WHIPのランキングです。
投高打低の1950年代以前の選手が上位に並ぶ中、現役では岸孝之投手が唯一ランクインしています。

一流投手の投球を映像でじっくりご覧になりたい方はスカパー!プロ野球セットもしくはDAZNがおすすめです。

コメント

コメントする

タップで移動する目次