MENU
プロ野球視聴ならこれ一択 >スカパー!プロ野球セット

球速比較|2022年プロ野球/MLB日本人投手 │ダルビッシュ・大谷・田中将・千賀・山本由伸・佐々木朗希

MLB/プロ野球(NPB)で活躍するトップ先発投手6人(ダルビッシュ有、大谷翔平、田中将大、千賀滉大、山本由伸、佐々木朗希)の2022年シーズンの球速を比較します。

ストレート(4シーム)球速・被打率比較

スクロールできます
順位名前(詳細リンク)平均球速最高球速100mph以上被打率
1佐々木朗希158.3km/h164km/h180球.228
2大谷翔平156.5km/h163km/h42球.281
3千賀滉大154.4km/h164km/h3球.262
4ダルビッシュ152.8km/h158km/h無し.170
5山本由伸151.8km/h159km/h無し.230
6田中将大147.2km/h154km/h無し.243
2022年ストレート球速比較(平均球速順)
2022球速比較大谷ダルビッシュ佐々木朗希
タップもしくはクリックにより拡大します
  • 佐々木朗希│平均球速、161km/h以上の投球数ともに断トツ1位。平均100MPH以上も1試合達成。
  • 大谷翔平│TJ手術前の球速まで回復。被打率は高く投球比率低下の要因の一つになっているかもしれない。
  • 千賀滉大│最高164km/hは佐々木朗希と並んで最速。MLB挑戦にあたってはやや高めの被打率を懸念。
  • ダルビッシュ有│回転数が多く質の高い球質により被打率が1割台と非常に低い。加齢による球速低下も認められない。
  • 山本由伸│ダルビッシュ有投手と球速帯が似通っている。投球数が多い割には被打率は低め。
  • 田中将大│球速で勝負するタイプではないが、MLB時代と比較し1km/h以上低下しているのは気がかり。

ストレート(4シーム) イニング別球速比較

ダルビッシュ有

ダルビッシュ有イニング別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

大谷翔平

大谷翔平イニング別球速

田中将大

2022田中将大イニング別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

千賀滉大

2022年千賀滉大イニング別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

山本由伸

2022山本由伸イニング別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

佐々木朗希

2022佐々木朗希イニング別球速
タップもしくはクリックにより拡大します

MLBを経験した3人(ダルビッシュ、田中、大谷)は初回からイニングを追う毎に球速が上昇しておりギアチェンジの余力を残して投球している。
一方で千賀滉大、山本由伸、佐々木朗希の3投手は初回が最も速くイニングを追う毎に徐々に低下する傾向がある。特に千賀投手は球速低下が顕著。

フォーク(スプリット)球速・被打率比較

スクロールできます
順位名前平均球速最高球速150km/h以上被打率
1山本由伸144.4km/h152km/h8球.151
2大谷翔平143.7km/h150km/h5球.125
3ダルビッシュ有143.6km/h150km/h3球.138
4佐々木朗希143.4km/h150km/h無し.112
5田中将大140.2km/h148km/h無し.228
6千賀滉大136.5km/h146km/h無し.125
2022年フォーク球速比較(平均球速順)
2022フォーク球速比較
タップもしくはクリックにより拡大します
  • 山本由伸、大谷翔平、ダルビッシュ有、佐々木朗希の4投手は球速帯が非常に似通っており被打率も低い。
  • 田中将大投手の球速はMLB時代(2016年は141.8km/h)と比較して低下しており被打率も2割を超えている。
  • 千賀滉大投手は落差重視のためか唯一130km/h台。MLB挑戦にあたってはボールやマウンドの違いにアジャストして落差や制球を維持できるか注目される。

ご自身やお子様の球速を測定し成長に役立てたい方はIOTボール・スピードガンがおすすめです。

コメント

コメントする